サーチコンソール

サーチコンソールとは、Googleが提供するウェブサイトの検索エンジン最適化(SEO)に必要な情報を提供するツールです。

サーチコンソールを設定するメリット

サーチコンソールを設定することで、ウェブサイトのSEO対策に大きなメリットがあります。

検索エンジンのインデックス状況を把握できる

まず、サーチコンソールを利用することで、Googleが

  • ウェブサイトをどのようにクロールしているか、
  • どのページがインデックスされているか、
  • どのページがインデックスされなかったか

検索エンジンのインデックス状況を把握することができます。

これによって、ウェブサイトのSEO改善の方向性を見出すことができます。

検索結果での表示頻度が上がる

サイトマップをサーチコンソールに登録することで、Googleにとってウェブサイトがよりアクセスしやすいものとなります。

検索結果での表示頻度が上がる可能性があります。

キーワードで検索された順位を確認できる

サーチコンソールを利用することで、

  • ウェブサイトのページがどのキーワードで検索された際に表示されるか
  • キーワードで検索された順位

を確認することができます。

これによって、改善の余地のあるページやキーワードを把握することができます

SEO対策の効果を測定することができます。

ウェブサイトのページにエラーが発見できる

サーチコンソールを利用すると、ページにエラーがある場合にすぐに発見できます。

ページの読み込みが遅い、404エラーが発生しているなどの問題を発見し、修正することができます。

サーチコンソールを設定

ワードプレスにサーチコンソールを設定は次の通りです。

Google Search Consoleにアクセスし、Googleアカウントでログインします。

「プロパティの追加」をクリックします。

「URLのプレフィックス」を選択し、ワードプレスサイトのURLを入力します。

プロパティを検証するための方法を選択します

。ワードプレスサイトにはHTMLファイルのアップロードやGoogle Tag Managerの使用が推奨されます。

検証が完了したら、Google Search Consoleのダッシュボードにアクセスし、検索トラフィック>サイトマップの順にクリックします。

「サイトマップを送信」をクリックし、ワードプレスサイトのサイトマップのURLを入力します。

(例:http://example.com/sitemap.xml)。

サイトマップを送信したら、Googleがウェブサイトをクロールして、インデックスしているかどうかを確認できます。

サイトマップを送信することで、Googleがウェブサイトをより効果的にクロールし、ウェブサイトのSEOを改善することができます。

まとめ

サーチコンソールを利用することで、ウェブサイトのSEO対策に必要な情報を収集して、改善することができます。

サーチコンソールの設定を行い、SEO対策に役立てることをおすすめします。

→ 私が8年前から受講している日本現実化戦略研究所の久家邦彦さんの講座の評判